拠点間での情報共有にCRM

CRMは拠点が多い企業には便利なツールになります。顧客の情報入力は拠点ごとに行いますが、そのデータは一元管理ができます。いちいち共有のためのデータの入力やレポートの作成は不要です。マネジメントは入力された情報をリアルタイムで分析することが可能です。

そのため企業の決断のスピードが速くなるメリットが期待できます。売り上げや顧客の特徴など地域差があることが明確に分析できるので、細かな戦略を検討することが可能です。CRMの情報は、売上見込みや顧客ニーズの明確化に利用可能です。海外拠点がある場合、現地の状況が見えにくいという問題が発生します。

同じツールを使って比較することで、その差を明確にすることが可能です。それによって生産の計画を見直したり、在庫の配分を変更するなどの戦略を決定しやすくなります。また、根拠に基づいた決定になるので確度が高いこともメリットの一つです。CRMを使いこなせるようになると、売上に積極的な活動を展開できます。

時期や状況によって売上の変化は起こりますが、そのばらつきをCRMで分析して、全体での視点で判断が可能になります。無理をした戦略で現場を疲弊させるようなことがあまり発生しません。なかなか見えない細かな顧客までデータとして分析できるようになるので、より小回りのきく営業展開ができるようになります。組織が大きくなると発生するような疎遠感を顧客に抱かせないことが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*