企業規模に合ったCRMを選ぶ

CRMは顧客関係を管理するツールとして欠かせない存在になりつつあります。多くの企業で導入され、新たに検討していいる企業も少なくありません。その時に気にすべき点は、企業の規模に合った機能を選ぶことです。大企業が使っているものは有名で多機能かもしれませんが、実際に使わないツールなどがあって使いにくかったり、高額な費用がかかるなどの問題が発生する恐れがあります。

必要なものを最低限で導入できれば、使用までの負担も最小限で済ませることができます。CRMを選ぶ時には、まず自社の営業のプロセスを明確にする必要があります。営業担当者の人数が何人ぐらいいるのか、関連する部署は、どことどこなのか、手順は明確になっているかなどです。担当者の人数は、ツールの契約形態として利用者数が費用に影響する場合に重要な要素になります。

場合によっては、システムとして購入できる方が安価になるかもしれません。関連する部署も同じで、あまり多くないのであればオンプレミス型、つまりパソコンに直接インストールするタイプがコストの削減になるかもしれません。CRMで重要なプロセス管理は、自社のルールを明確にして何を判断しなければいけないかを明確にしておくことです。その判断のポイントを自動化できるかどうかは、業務効率の向上に大きく影響します。

ある程度自由度があるのであれば、そのような判断が少ないCRMでも十分に使うことができます。承認プロセスが多いとそれだけ処理が遅くなります。CRMのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*