顧客管理に役立つCRMの特徴について

CRMとはCustomerRelationshipManagementを省略したもので、日本語では顧客関係管理と訳されています。適切な対応によって顧客とよい関係を構築し、維持することが広義のCRMです。狭い意味では顧客関係の管理を行うためのツールやシステムのことで、業務の効率化に役立つため多くの企業が導入しています。このツールは顧客情報や履歴情報などを集約し、それぞれの顧客に対して適切な対応を行って理想的な関係を構築するのに効果を発揮します。

企業の規模が大きくなるほど顧客の数も増えるので、全てをスタッフが管理するのは困難になります。このツールを導入すれば効率的な顧客情報の管理が可能なため、スタッフの手間を省いて本来の業務に集中できます。煩雑な業務にとらわれず生産性を向上させることができるため、このツールを導入する企業が増えています。CRMは顧客の行動に関する情報を管理するだけでなく、よい関係を築くための様々な機能があります。

例えば顧客単位での情報管理が可能であり氏名や年齢、性別など基本情報以外に購入履歴や購入金額なども一括して管理できます。会員の情報を一元化すれば、問い合わせに対応するコストを削減し情報漏洩のリスクも抑えられます。メール配信機能と連動させると、販促活動やマーケティング分析など幅広い用途に情報を有効活用できます。CRMは顧客を属性ごとに分類してメールを配信する機能を備えており、開封率が可視化されるため配信に適切な時間帯や件名の他に文章量なども比較可能です。

このツールを導入して顧客管理を行えば、より効果的な営業活動ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*