CRMが有効なケースとは?

顧客の確保はビジネスでの最重要項目と言えます。そんな顧客との関係性もしっかりと管理しないとなくなる恐れもあります。そのためにCRMを使って、適切に維持することが重要です。大事なことは顧客にその企業に対する興味を持ち続けてもらって、プロモーターになってもらうことです。

そうすれば顧客が第二の営業として機能することになり、新規顧客の獲得にも影響を与えるでしょう。だから適切なタイミングで情報提供を行い、不満を解消し、ニーズを満たすような活動が必要です。これらは顧客との関係に関する多くの情報を必要とします。CRMが有効に使えるケースとして、少数精鋭の営業担当者が欲しいような時です。

人材の確保が難しい状況の中で、それでも売り上げを上げなければいけないとなると、効率を上げるしかありません。だからと言って営業それぞれに過酷な売り上げ目標を課すことは、現実的な解決にはなりません。組織として商談の状況を把握して、必要な活動について指示を行うことで無駄な時間を減らす必要があります。CRMのリードの管理では、そのような状況の監視や必要な処置の分析などを行うことが可能です。

なかなか評価が難しいマーケティングについても顧客との関係の監視を行うことで見えてくることがあります。キャンペーンを実施してから成約率の変化を確認し、有効性を評価します。より効果のあるマーケティングを行うことができれば、無駄な時間を削減してコストカットが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*