客室のタブレットでより質の高いサービスを

従来の客室サービスは、備え付けの電話を使用するか、フロントのスタッフとの対面で、口頭による発注により、受付が行われていましたが、タブレットを導入することで、比較的リーズナブルな初期コストで、より質の高いサービスの提供が可能になります。客室からの口頭による発注の場合は、言い間違い、聞き間違いを避けることは不可能で、一定確率でオーダーミスが発生し、せっかくの収益を上げるチャンスでありながらも、トラブルの元となっていました。一方、タブレットを使用した場合は、文字やアイコンで、サービスの内容を視覚的にも理解しながらタップすることで、言い間違い、聞き間違いを皆無とし、スムースな発注を可能にします。メニュー画面には、画像だけではなく、アニメーションや動画などの動的コンテンツを表示させることにより、文字情報だけでは伝わり難いそのサービスのイメージを、より詳しく伝えることができ、顧客の購買意欲を刺激することで、サービスの発注を促進することで、さらなる収益のアップが期待できます。

従来はすべてスタッフが対応していた受注業務を、タブレットのシステムに担わせることができるため、専任のスタッフを常駐させる必要も無く、人件費の削減、あるいは、スタッフを他の業務へ振り向けることができ、より質の高いサービスの提供を実現します。客室へのタブレットの導入は、運営側にとっても、顧客にとっても、大きなメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*