タブレットを導入するホテルのメリット

出張が多いビジネスマンはホテルに宿泊する機会も多いでしょう。その際、客室にタブレットが設置されていることもあるかと思いますが、従来の部屋とは違って画面1つで様々な情報を閲覧できたり目覚ましタイマーなどのサービスも管理できて非常に便利になっています。ホテルがタブレットを導入するというと客室に設置して館内情報や観光情報などを集約させて閲覧しやすくしたり、提供されるサービスを画面上で選択できるというようなものをイメージされるかもしれませんが、ホテルがタブレットを導入するメリットはスタッフ側にこそ大きなメリットがあります。例えばお風呂の貸し切り予約を受ける際にフロントへの電話で口頭による受付を行うと、スケジュールを確認しながら対応しなければならないので時間がかかったり聞き間違いがあったりということが懸念されます。

また、混雑すると予約の重複などのトラブルも発生して効率的とは言えません。これらをタブレットで一括することでホテル側の負担は激減します。予約は画面上で宿泊客が行うためミスという概念がなくなり、混雑時でもシステム化されているので重複することはありません。年配の方が多い宿泊地でも、普段触れることのない機材を操作することができるので意欲的に挑戦してくれることも多く、操作が分からない場合にはスタッフが教えてあげることでコミュニケーションにも繋がります。

便利なだけではなくホテルと宿泊客の距離を縮めてくれるのもタブレット導入のメリットと言えるのではないでしょうか。営業支援のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*