様々な企業が導入しているCRMについて

CRMとはCustomerRelationshipManagementを省略したもので、日本語では顧客関係管理と呼ばれます。顧客情報の収集や蓄積の他に分析や共有、活用などの管理機能を備えたシステムです。このシステムを上手く活用すると、購買履歴に基づいた戦略的なマーケティングや営業活動が可能になります。様々な業種や業界の市場が飽和状態にあり、多様化した需要に対応するには顧客に寄り添った営業活動が重要です。

よりきめ細かな営業活動を行うためにCRMが注目を集めており、市場規模も拡大しつつあります。このシステムを導入すると、営業担当のスタッフに依存していた顧客管理を一元化できます。特定のスタッフだけが顧客情報を管理していると、社内で情報を共有できず異動や退職の際に引き継ぎに時間がかかってしまいます。このシステムを導入すれば顧客情報を一元管理できるので、対応漏れや引き継ぎ時の混乱を避けることができます。

メールやビジネスチャットを使って共有しなければならなかった情報も、システムにアクセスするだけで簡単に閲覧可能です。効率的に情報を共有できるだけでなく、担当スタッフが不在の際のトラブル対応もスムーズに行なえます。基本的にこのシステムは営業部門で使われていますが、マーケティング部門が情報を利用すれば新たなサービスの開発に役立ちます。広報部門が情報発信に活用することも可能で、顧客満足度の向上に貢献します。

CRMには他にも業務を効率化でき、新たな営業戦略を立案する際の根拠になるなどのメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*