CRMに搭載されている主な機能

CRMに搭載されている機能はシステムによって異なりますが、CRMを代表する機能が顧客情報の管理です。氏名・年齢・性別・電話番号・メールアドレスといった基本情報のみならず、購買日・購買頻度・購買金額といった購買履歴、サポートセンターへの問い合わせ日時や内容などの情報も管理することができます。また、顧客情報は条件を入力することで簡単に検索でき、システムによっては検索結果をCSV形式で出力することが可能です。加えて、CRMは分析系の機能も充実しています。

見込み度が高い顧客を抽出する、顧客別に売れる商品の傾向を分析するといったことが可能で、営業・マーケティング、販売予測・生産計画などに活かすことができます。メール自動配信機能も利便性が高い機能です。例えば、販売後のフォローや新商品の宣伝などの際に、メールを一通一通送る必要がなくなるので業務の効率化につながりますし、誤送信などのトラブルを回避することもできます。さらに、CRMには問い合わせ管理機能も搭載されており、メールやWebフォームなどからの問い合わせを自動的にカテゴリー分けして保存してくれます。

担当者は問い合わせ対応時に必要な情報をスピーディに取り出すことができるので、顧客満足度が高い対応が可能となります。その他にも、セミナー・イベント管理やファイル共有、ポイントカードなどのカード管理、SFA(営業支援システム)、MA(マーケティングオートメーション)など多彩な機能が搭載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*