SFAの導入前に知っておきたい注意点

営業活動を支援する優秀なツールであるはずのSFAも、導入前にしっかりと目的を検討していないと失敗する可能性があります。よくある失敗例は情報の一元化や営業担当の作業の効率化、売上向上のためといったように具体性がなく曖昧な理由で導入しているケースです。最終的に達成したい目標や数字、期間を定めて利用しなければ結果も曖昧にしかなりません。現在の売上がどんな状況で、将来的な伸び率がこの程度であるというのを把握して、そのための改善策として導入して半年後には予想の1.2倍を目指すという風に考えるのが良いでしょう。

もちろんシステム運用に慣れる間の作業コストや時間、人件費や導入費など諸費用が回収できるのがいつかというのも考えておくべきです。加えて目的・目標を全ての社員に伝えた上で納得させられるよう、説得力のある計画を組むことも重要です。あくまでもSFAを使うのが現場であり、利便性が向上した結果売上も上がって社員の報酬もアップする、という構図を目指せるのがベストと言えます。便利なツールという宣伝文句が先走りして、システムを吟味せずに導入して失敗したケースも非常に多いです。

情報を入力するのは上層部ではなく、現場の人間ということを忘れてはいけません。操作方法がややこしかったり、入力する項目が増えて面倒になったりしていたのでは本末転倒です。失敗を未然に防ぐ方法としては、体験版を導入してみることです。SFAに限らず多くのシステム・ソフトウェアを提供する会社では、期間限定で無料で体験できるバージョンをリリースしています。

試しに導入してみて、社員に実際に触れてもらって検討するのが失敗しないためのポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*