営業支援目的や方法について

営業支援をすると、売り上げの上昇だけでなく営業効率の上昇も期待できます。例えば、お客様が何に関心を持っているかをサーチし、ニーズに合わせた情報を営業マンが提供することで、案件の成功率が上がり、時間の浪費を削減することが可能です。また、営業マンが訪問に専念できるように、営業マがいかなくてもできる作業は別の社員に分担させることで、より効率的な営業体制を敷くことが出来ます。例えば会議を簡潔化させたり、日報をクラウド共有で短時間で確認できるよう工夫すれば、商談等の質を上げたり件数を増やすことに貢献できます。

営業マンにしかできない外勤業務に専念してもらうよう支援すると業務の効率化が捗ります。営業マンにとっては顧客との信頼関係や売り上げ件数が大きなステータスとなるので、営業支援は効率的な訪問ルートの作成、雑務の削減、迅速な情報提供等が望ましく、十分な支援があればモチベーションの向上にも貢献します。逆に、経営者だけが得をして営業マンに負担が多くのしかかるような営業体制だと、表面上では上手くいっているように見えても、いつか取り返しのつかない問題に直面してしまう可能性があります。業務の一連の流れから、どこに無駄があり、負担がかかっている部分があるか洗い出すことも大切です。

特に、営業支援を受け入れた後、もう一度営業のプロセスを見直し、新たに問題が発生していないか見極めることが確認することが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*