業務効率を改善できる営業支援

営業支援とは、営業担当者の業務を効率化をして生産性アップをすることを言います。営業支援を行うためには、現場の課題を見直した上で適切に支援していく必要があります。営業支援は、業務効率をよくすることができるため、集中的にコア業務に費やす時間を増やすことができます。顧客のアプローチする時間や課題についてヒアリングする時間を増やすことができれば、売り上げアップにつながりやすく、より業務改善しやすくなっていくという仕組みです。

また、担当者の負担を軽減することが可能です。多くの場合営業の仕事だけではなく、日報の作成や会議など事務作業という負担があります。しかし、支援することによって日常業務を減らすことにもつながります。具体的なやり方としては、初めに行うのが営業プロセスを理解するということです。

顧客視点で考えることが重要で、初回アポイントを取った後に営業担当者と課題を共有し、営業からの提案を比較検討した上で購入を決定します。営業側は、このプロセスを理解することによって顧客のニーズに応えやすくなります。他にも、営業活動履歴を可視化していきます。既存客の対応に追われている、事務作業に追われていて十分に営業が行えないなどの課題が見えてきます。

効果的に行うためには、顧客リストを作っておくというのも有効です。顧客の情報だけではなく、案件の進捗状況・受注確度なども記載しておくと担当者以外でも対応することができます。営業支援のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*