水漏れ修理のポイント

水漏れなど水道でのトラブルは、見つけたら素早く修理をしてください。トラブルをそのまま放置していると、床や家具が水に浸かり被害が広がります。またマンションなどの賃貸物件であれば、下の階の部屋まで水が漏れて別の問題に発展する可能性もあります。水漏れ修理にかかる費用以外の出費や問題が発生しないように、素早い対応が必要になります。

一般家庭の水回りの部品は、耐用年数が7年から10年のものが多く使われています。そのため設置されている場所や使い方で変わりますが、10年ほどで経年劣化による不具合が起こる可能性が高まります。水漏れが蛇口などで起きている場合は、パッキンなどの部品の交換で問題が解決できる場合もあります。パッキンなどゴム製の部品は、経年劣化により固くなりハンドルが閉まりにくくなります。

またスピンドルの損傷や錆が不具合の原因になることもあります。水漏れ修理の中でも、パッキンなどの部品の交換は素人でも行うことが可能です。昔からある2ハンドル水栓などは構造が簡単なため、部品のサイズさえ間違わなければ誰でも交換することできます。スピンドルの交換も止水栓を閉めて水を止めてから行えば、作業自体は難しくありません。

しかし配管のパイプに亀裂ができて、そこから水が漏れているトラブルの水漏れ修理は素人ではできません。パイプ全体を交換する大掛かりな作業になる可能性があり、専門的な知識も必要になります。素人が無理に自分で交換作業を行うより、専門の事業者に依頼して修理した方が安全であり確実にトラブルを解消することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *