蛇口の水漏れ修理の原因と修理依頼の判断と予防

蛇口は生活するには欠かせないものなので、水漏れしていたら焦ります。水漏れの原因は、主にパッキンなどのパーツによる「経年劣化」の場合が多いです。箇所が分かれば、自分で水漏れ修理することも可能になります。水漏れの原因を探したくても焦っていると、見つけられません。

そのため、まずは応急処置として漏水を止めましょう。トイレ・お風呂・洗面所・キッチンなどはいずれも「止水栓」があるので、それを閉めます。そうすることで、一時的に漏水を止めることができます。止水栓には普通の蛇口と同じハンドル型やマイナスドライバーを使うアングル型とストレート型が一般的なので、誰でも簡単に閉めることができるのが特徴です。

漏水を止めて故障部分を探しても見つけられない場合や作業に慣れていない人も水漏れ修理を依頼した方が安全です。なぜなら、水漏れしている箇所によって使う部品や工具が違うからです。他にも設備後10年以上経過している場合などは、蛇口の寿命が10年くらいであるため本体自体が痛んでいる可能性がありますし、センサー式蛇口のように精密機械のセンサーを内蔵しているものなどは自分では直せないため、修理依頼をした方がいいでしょう。水漏れを予防するには、普段からレバーやハンドルを強くしめすぎないことが大切です。

なぜなら、必要以上にパッキンに摩擦がかかり負荷がかかってしまうからです。このようなことを参考に、水漏れ修理を自分でするか依頼するか判断してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *