トイレタンクの水漏れ修理

トイレの水漏れトラブルで多い箇所と言われているのが「タンク」です。トイレタンクで多いのがレバーが戻らない、いつまで経ってもタンクから便器へ水が流れ続ける、タンクから水がぽたぽた落ちてくるといった症状です。場合によっては高額な水道料金を請求されるケースもあるので、トイレタンクの水漏れが分かったら修理することをおすすめします。もし、トイレタンクの水漏れ修理を行いたいという場合は、どこから水が漏れているかをチェックしましょう。

トイレタンクの外側、二つ目はトイレタンクの内側とトラブルが起こる箇所は大きく2か所に分かれます。外側にトラブルが発生しているという場合、水道管とトイレタンクを繋ぐパイプや接続部のナットやパッキンなどが、経年劣化で傷んでしまい水が漏れてしまうというケースです。もし、外側に原因があるという場合は床に水が溜まっていくので気が付きやすいでしょう。このケースだと劣化したパッキンを交換する水漏れ修理をするだけで、直ることも少なくありません。

トイレの内側に問題がある場合は、便器内にずっと水が流れ続けます。少しずつ流れ出ているようなケースだと、気づくのが遅くなってしまうかもしれません。内側にトラブルが発生している際の水漏れ修理は、タンク内にある水を流す調整を行うボールタップなどの部品の位置を整えたり、新しいものへと交換することで直ることがあります。もし、直らないという場合は専門業者に相談することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *