トイレリフォームのポイント

トイレリフォームのポイントは、大きく分けて3つあります。一つは高齢者にも使用しやすい快適性、一つは財布に優しい経済性、そしてもう一つは掃除のしやすい清潔性です。最近は高齢者が増え、足腰に負担のかからないトイレが非常に注目を集めています。便器の高さも従来に比べ若干高くなり、楽に座れるような高さになっているのが特長ですが、それだけでは高齢者に優しいトイレにはならないものです。

その為、トイレリフォームの際に便器の前面を広く取り、高齢者が楽に体の向きを変えられるようにすることが多くなっています。また、最近の多くの便器は節水型になっており、経済的に従来に比べ負担がかからなくなっていますが、トイレリフォームの際に証明をLEDに変えたり、トイレの内装を明るい壁にすることでより費用を節約することが提案されています。掃除のしやすさについても、トイレの床を撥水性の床材にして汚れを付着しにくくしたり、便器の位置を工夫して清掃が楽に出来る様にするほか、便器の材質も清掃しやすい材質の物が主流になっており、これらを使用することで快適性と経済性を両立しています。古くはトイレは汚い場所とされ、快適性はあまり重視されないものでした。

しかし実際はトイレは家の中でも意外といる時間が長いスペースであるため、より快適性が求められるスペースでもあります。トイレリフォームをする際にはこの3つのポイントを意識してそのイメージを考えることで、より効果的なリフォームができます。水のトラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *