似ているようで全く違うトイレのつまりと漏れ

トイレを使用していると、つまりが漏れといったトラブルが起こります。どちらも同じトラブルに思えるかもしれませんが、実際は全く対応が違ってくるので注意してください。まずトイレのつまりは、漏れと違って水が流れない状況のことを指します。私たちは使い終わった後に水を流しますが、これがいつも通りに流れていかず、水が上昇してきてあふれてきてしまうような状況のことです。

この原因は中に何かが入り込んでる場合がほとんどです。例えばトイレットペーパーの芯や、使用後のペーパーそのものが中に詰まってしまうと水の流れが悪くなり水が上昇してしまいます。こうした状況に対応するには、水を流すのを止めるようにしてください。いくら水を流しても流れないものは無理です。

それよりも中に入っているものを取り出すことが先決です。汚いと感じるかもしれませんが、ゴム手袋をはめるなどして中で詰まっているものを取り出してください。一方でトイレの漏れは、つまりと違って水が止まらない状況のことを指します。使い終えて水を流した後に、いつまでもポタポタと音がしているという経験をしたことはないでしょうか。

実はこれが漏れが起こっている状況で、通常であればすぐに止まるのに、トラブルが発生しているためいつまでも垂れ続けているというものです。これを直すには音がしている場所を特定し、内部を開けて確認します。多くの場合はフタがきちんと閉まらなかったり、ゴムが劣化しているというものです。それぞれ部品を交換したり調整すれば元通りになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *