突然のトイレのつまり漏れあなたは対処できますか

突然のトイレの故障は慌てるものです。それが夜中に起こったら、パニックになるかもしれません。助けて欲しいけれどどこの誰に相談すればいいか、それも夜中で町中が寝静まっている状況ではさらに慌ててしまいます。そのせいで冷静に考えることができないということもあります。

トイレの故障原因のひとつとして、つまりがあります。つまりが起こるのは流れる水が少ない流れる水の勢いが弱いことや家が高台にあること、異物がつまっている等々。トイレつまりの起こる頻度が最近増えたという場合、きちんと修理をした方がいいかもしれません。例えばトイレに流れる水の量がすくないと、トイレットペーパーや便が、正常に排水管まで流れていかずに便器の排水路でつまるというトラブルに発展するのです。

流れる水の量が少なくなる一因として挙げられるのが、ボールキャップや浮き球の故障です。フロートバルブの劣化。タンクと便器の繋ぎ目からの漏れ。水漏れというと、タンクのなかから便器の中にちょろちょろ漏れるものから、便器と床の隙間や床下からどんどん染みだしてくるものまでさまざまです。

どこから水漏れを起こしているのか、気持ちを落ち着け観察してみましょう。ネット上には、水漏れの修理というページがあり、それを参考に修理を試みてください。それでも状況が改善しないときは、無理は禁物です。まずは、修理を行ってくれる修理センターなどに相談してみましょう。

夜中の突然の事件に、びっくりすることでしょうが、まずは冷静に対処することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *