トイレでつまりや水漏れが発生したら

トイレでよく発生するのが、便器のつまりです。排水されるのに時間がかかる、水を流すたびに排水口からゴボゴボと異音が聞こえる、排水口から突然逆流して便器から汚水があふれ出した等、つまりによる症状も数多く報告されています。つまりの原因には色々ありますが、最もよく知られるのがトイレットペーパーの過剰使用でしょう。水溶性の紙類でも使いすぎれば、排水口付近で溶け残って、つまりを引き起こすことになります。

ただし症状が軽いものなら、市販のラバーカップ等を使用して、比較的容易に解消することが可能です。その一方で厄介なのが、オムツやハンカチなどの非水溶性の紙類や布類、さらにスマートフォンなどの固形物を原因とするケースです。ラバーカップ等で無理矢理に押し流そうとすれば、ますます排水口の奥で挟まり、症状も重くなってしまいます。このケースの修理では便器を取り外したり、高圧洗浄機やワイヤーブラシといった、特殊な機器を必要とすることがあります。

地域で実績のある水道修理会社へ依頼するべきでしょう。トイレでは水漏れによるトラブルも目立ちます。タンクとつながる給水管からポタポタと水が漏れ続ける、便器と床の隙間から水が漏れ出す等、症状も多岐にわたります。給水管の水漏れ原因が、パッキンの劣化やナットのゆるみ程度のものなら、素人の方でも比較的簡単に修理が可能です。

しかし便器やタンクのヒビ割れ、あるいは便器とつながる排水管の破損などが原因であれば、大がかりな工事が必要です。まずは地域で信頼できる水道修理会社へ相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *