早めの対処で解消できる浴槽つまり

湯船や浴室の水が抜けず溜まったままになる浴槽つまりは誰もが経験したことのあるトラブルです。

しかし今まで何事もなく流れていた水がいきなり流れなくなる事はなく、なんらかの異常を感じています。なんとなく流れの悪さを感じたり、流れる時にゴボゴボと音がするのが前触れでこの時に適切な対処をしていれば慌てることもありません。しかしほとんど人が気づいているのに放置して夜中や休みの日に浴槽つまりを起こすので、異変に気づいたら早めに対処することが肝心です。

通常お風呂の構造は湯船から流れ出した水と洗い場から流れる水が合流するように配管は設置されています。そのためわずかなゴミやアカなどでも二箇所からのものが合わさるので詰まりを起こすのです。浴槽つまりの1番の原因は髪の毛の詰まりで、これに体を洗った時に発生するアカや石鹸の残りカスが合わさって汚物となり詰まりを起こします。髪の毛は細くて一度にたくさん流れることはないと思いがちですが一回のお風呂で流れる髪の毛は意外に多く、家族が多い家庭だとかなりの量になったり、毎日の積み重ねで大量になります。

これが配管の曲がった箇所などに引っかかりアカなどの汚れと共に配管に詰まるのです。お風呂で使っているシャンプーのふたや剃刀なども詰まることもあり、これは頭などを洗う時には目をつぶっているので、知らないあいだに排水口に落として流されることで発生します。日頃から水の流れ具合を確認し、わずかな異変にも気付くようにすることも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *