浴槽つまりの原因と日頃の対策

浴槽つまりが起こる箇所は排水栓に洗い場の排水口、排水トラップか、排水管で引き起こります。

大まかに分けるなら排水トラップか、排水管のどちらかです。排水トラップとは浴室と洗い場に設けられた複雑な排水設備で、下水道の悪臭やガスなどを遮断するだけでなく、害虫やネズミの侵入を防ぐ役割も果たしています。基本的に浴室の排水口は浴槽と洗い場に設けられており、それぞれに分かれた箇所が地下で繋がり、1つのパイプに繋がっている設計です。

このパイプは先述したように複雑な構造をしているため、全てのパイプは真っ直ぐな状態ではなく、屈折しています。それは衛生的に使用していくために必要な処置ではあるものの、その分、汚れが溜まりやすいです。つまり浴槽つまりは構造上、発生しやすいトラブルと断言できます。浴槽に溜めた湯や洗い場で流したシャワーの水が流れないとはいえ、浴槽つまりを引き起こした原因の箇所が下水管に近かければ近いほど対処は難しく、業者への依頼は必須です。

浴槽つまりは比較的起こりやすいのは事実ですが、日頃から排水トラップの掃除を怠らなければトラブルが起こるリスクは抑えられます。排水トラップの掃除はパーツを分解し、内部を届く距離の汚れを取り除き、水垢や抜け毛を片付けるだけで十分です。準備するものはゴム手袋や歯ブラシ、スポンジで、分解するために用意する代物はないです。排水トラップのパーツは簡単に取り外し可能なため、自力でも問題なく、分解できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *