浴室内の蛇口の水漏れ修理をおこなう方法

蛇口の水漏れというのは家庭や学校、会社など水回り設備があるところでは必ずと言っていいほど発生するものです。

これは避けようがない現象であり、水によって水栓器具が劣化するからです。さらに湿度や温度が急激に変化をする場所であるほど、この水栓器具の劣化と水漏れは起こりやすくなります。住居内でこの条件に当てはまるのが浴室であり、この場所に備わっている蛇口の水漏れトラブルは多発するのが一般的です。そのため、日頃からご自身で修理をおこなえるようにしておくと、いつでも水漏れという不快な現象が起きても問題を解決しやすいものです。

浴室内の蛇口の水漏れ修理に必要となるものは、「複合水栓用パッキン」と「防水テープ」の2種類のみです。この修理部品はホームセンターやECサイト等で1個300円程度で販売されており、昨今では100円ショップでも買い求めることができます。修理の際はまず最初に、止水栓を完全に閉めることからスタートします。これは水回り設備の対処をする際の基本であり、不意な給水をして室内を水浸しにしないよにするためです。

浴室に備わっている水栓器具は蛇口とシャワーの切り替えが可能な器具なので、複合水栓と言います。この器具のパッキンは蛇口の付け根部分に備わっているので、スパナを用いて接続ナットを取り外す必要があります。この接続ナットを取り外すと二又状のパッキンが現れるので、購入した新しいものと取り替えます。さらにナットの内周に防水テープを一周分巻いて修理は終了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *