複合栓蛇口の水漏れ修理を自身でおこなう方法について

一般家庭だとキッチン、流し台・洗濯場・庭先など少なくても2か所以上の場所に水栓器具が備わっています。

これらはどれも毎日1回以上は使用するため、必然的にトラブルも起こりやすいのが特徴です。そのトラブルの中で多くの方が経験するのが水漏れではありませんか。ハンドルバルブをしっかりと閉めているのに、蛇口からポタポタと水が漏れているというのがそれです。蛇口の水漏れ修理は比較的簡単で、女性や高齢者でも短時間でおこなうことができます。しかしそれは一般的は水栓器具にいえることで、複合栓では若干手間が掛かってしまいます。

複合栓とは浴室内に備わっている器具のことを指し、シャワーと蛇口の2か所から水を出せるようになっているものです。この器具からの水漏れも基本はパッキンの劣化によるものなので、新しいものに取り替えれば修理をすることができます。しかし複合栓の場合は、「水栓プライヤー」という専用の工具を用意して切り替えレバーを取り外さないといけません。

用いるパッキンも「S字パッキン」という専用のものなので、ホームセンターや通販で間違えずに購入するようにしましょう。修理をする時は「水栓プライヤー」で切り替えレバーを取り外し、その内部に組み込まれている「S字パッキン」を取り替えます。裏表があり、ギザギザの断面になっているのが裏側なので間違えないようにしましょう・あとはレバーを元通りにすれば修理は終了です。通常のパッキン交換と違って部品を分解しないといけないので、初めてだと難しいかもしれませんが慣れたら短時間で終わらせられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *