蛇口水漏れ修理のあとに気をつけておきたいこと

ポタポタと止まらない状態が続いているとき、内部にあるパッキンの交換で解決する場合があります。

簡単に交換作業ができますが、細かなことが苦手な人は蛇口の水漏れ修理を専門会社に依頼することもあるでしょう。直してもらったあと、使うときに注意しなければならない点がいくつかあります。これまで水が止まりにくかったから、ついきつくハンドルを締めて使っていた方もいるのではないでしょうか。交換して問題が解決しているのに、これまでと同じくらいきつく締めたりすると、せっかく取り替えたパッキンの摩耗が進んでしまうことがあります。短期間で交換が必要にならないためにも、加減してハンドルを締めましょう。

また、きつく締めていたことが長期間続くと、内部の部品ではなくハンドルそのものが駄目になってしまうことがあります。ネジを締め付けすぎてネジ山が駄目になって、いくらでも回ってしまうのと同じ状態です。この状態になってしまったら、本体の交換が必要になってしまうので、蛇口水漏れ修理に来たスタッフにハンドル部分が駄目になっていないか確認してもらうとより安心です。

作業を見ていると簡単そうに見えるため、せっかく直してもらった部分ですが、一度分解して中の構造を確かめたくなる場合があるでしょう。専用工具を持っていないのに、身近にあった工具で開けてしまうと傷がついて締まりが悪くなることがあります。また、新しい部品は摩耗していない状態であるため、ピッタリサイズできつい場合があります。一度取り外したら、うまく入れられなくなって戻せない状態になったら大変です。蛇口の水漏れ修理のあとに興味があって、分解して見たくなったら慎重な行動が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *