キッチンの蛇口の水漏れ修理をするのに必要なもの

浴室から洗面台・トイレなど、どのご家庭でも3個以上の水栓器具が備わっているものです。

水回り設備は家族全員が共用すうるものであり、1日に数回は必ず使用するので必然的に不具合が起こりやすいものともいえます。その中でも特にキッチンの蛇口は湯と水の両方を同時に出せる器具で、水漏れという問題が起こりやすく、定期的にメンテナンスをするのが望ましい箇所です。例えば、ハンドルをしっかりと閉めているのに、ポタポタと水漏れをおこしているという現象を見かけたことはありませんか。これは水栓器具内に備わっているパッキンが劣化している証拠で早急に修理をしなくてはいけません。

蛇口の水漏れ原因の大半がパッキンの劣化によるものなので、このパッキンさえ取り換えればすぐに水漏れを解消することが可能です。修理は非常に簡単なので自身で対応することもでき、専門会社に依頼するよりもコストを大幅に下げることもできます。蛇口の場合は「16水栓」と記載されているパッキンが必要で、ECサイトやホームセンターで1個200円前後で販売されています。

これ以外に修理にはモンキーレンチという工具も必要なので、持っていない場合は購入してきましょう。「16水栓」とは一般家庭用水栓の規格で、この記載がなされていればキッチンだけでなく浴室や庭先に備わっている蛇口にも使用できます。モンキーレンチは蛇口を水栓器具から取り外す時に使用する工具で、一度購入すれば何度でも使用できます。水栓器具は1年に1回はメンテナンスをすることでトラブルを防げるため、このメンテナンスでもモンキーレンチは役立つアイテムです。
蛇口漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *