排水管つまりを予防するためにするべきこと

排水管はメンテナンスなしで使い続けることはできません。

掃除とメンテナンスを徹底して少しでも寿命を延ばしましょう。排水管つまりを防止するためには、油分を流さない工夫が必要です。例えばキッチンの排水口に頻繁に油を流していると、排水管内部で固まってしまうのです。魚の油はサラサラしているのに対して、肉の脂は固まっているでしょう。ちょうど後者のような状態で蓄積するので、排水管はどんどん狭くなっていくわけです。

排水管つまりの防止策として、調理時の油分は極力流さずに、キッチンペーパーで拭き取って燃えるゴミに捨てるようにしてください。天ぷらやフライを調理したあとの油を流すのは一番よくないです。排水管に付着した油分はお湯である程度溶かすことができます。定期的に熱湯を流し込むようにすれば、排水管つまりを予防できるでしょう。ただし熱湯だけでは完璧には綺麗にできないので、パイプ洗浄剤をたまに使いましょう。

ぬめり汚れをしっかり落とせますので、悪臭対策のためにも役立ちます。水回りは清潔に使用するのが基本であり、不衛生になると害虫の発生源になりかねません。ニオイにはコバエも寄ってきますので、常にクリーンな環境にしておいてください。こってりした味付けの料理を好んで食べる人は、排水管つまりを発生させやすい傾向があります。洗い物をするときも油分は流れてしまうのです。食生活を改善していくことも、排水管つまりの予防対策として役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *