排水管つまりがおきる原因と予防法

水回りのトラブルの中でも排水管つまりは解決に急を要する場合も多く、特に思い当たる節がない場合は慌ててしまうものです。

突然に排水管つまりがおきる原因の多くは、流した水に含まれる油や石鹸・シャンプーのカス、髪の毛などです。排水口には排水管を詰まらせるものをフィルタリングできるように、細かい穴が開いた金属製の排水バケットや大きなごみを直接流さないようにお椀の形をしたトラップなどが置かれているはずです。ですが、細かい粒子のものは水と一緒に流されるので、それらが徐々に排水管にこびりつくなどしてつまる原因となってしまいます。

特に排水管つまりが発生する頻度が多い場所は、トラップの周辺とその下の排水管の中になります。排水管つまりは市販のパイプクリーナーや先が半円形のゴムになったラバーカップなどを使って治すことが多いですが、手を尽くしても治らない場合はお金を払って修理業者に頼むことになります。そうなると費用だけでなく時間もかかるため、日ごろからつまらないように予防しておくことが大切です。

予防のポイントは排水管にごみやカスが付きにくくすることですが、できることの一つが時々熱いお湯を排水管に通しておく方法です。油を多く使う料理をしたり、洗い物をした後など、油やごみが固まらないうちにお湯を通しておくことで汚れがこびりつくのを防ぐことができます。さらには、排水バスケットやトラップを定期的に掃除したり、水切りネットを付けることで余分なごみを流さないようにすることも効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *