排水管つまりの原因は意外とシンプル

排水管つまりは複雑な原因が絡み合って発生すると思うかもしれませんが、汚れ・異物などが存在して水の流れが悪くなっているだけです。

発生部位がどこであっても、この原則に変わりはないのです。もともと排水管は汚れが溜まりやすいので、定期クリーニングをしないとつまります。油分を含んだ汚れであれば、熱湯を流し込むだけで解消できます。パイプ洗浄剤を使用すれば油分はもちろん、石鹸カスや髪の毛なども除去できるでしょう。

水漏れ・つまりは水道会社でなければ直すのが難しい症状が多いですが、排水管つまりに関してはプロでなくても直せることが多いです。ただ汚れが原因のつまりではなく、異物を流してしまった場合は少し難しくなります。異物を除去するためには、排水管を取り外す必要性があるのです。排水管はS字で曲がりくねった形状をしており、異物がここに存在しています。溶けないモノを流すと熱湯やパイプ洗浄剤では解消できないので、異物そのものを取り除く必要があるわけです。

排水管の取り外しは難しくはありませんが、取り外すときに水が出てくるのでバケツを用意しておいてください。排水管つまりの症状は少しずつ進行する場合と、突発的に発生する場合があります。前者は汚れが経年の影響で溜まってきて生じるのに対して、後者は異物を流し込んでしまったことが原因です。自分には身に覚えがなくても、無意識のうちに流している可能性はありますし、家族が流してしまったモノかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *