専用の道具があれば排水管つまりは自分で修理できます

排水管つまりが起こると、水道会社に依頼することが頭に浮かびますが、自宅にラバーカップや真空式パイプクリーナーがあれば自分で解決できます。

水道会社に修理をしてもらうと、修理費もかかるので自分で直すと費用が安く抑えられるといったメリットがあります。ラバーカップは、トイレで使うイメージですがキッチンや様々な排水管で利用が可能です。めったに使うことはありませんが、そのつまり解消には高い効果を発揮するので一つあれば安心の道具です。

ラバーカップの使用方法はまず、排水管つまりが起こっている場所の排水トラップを外し、排水溝に隙間なくピタリと付けます。その状態でラバーカップを静かに押さえ、勢いよく持ち上げます。この押したり引いたりする動作を何度か繰り返しているうちに、水が流れていくと修理完了です。真空式パイプクリーナーは、ラバーカップよりさらに簡単に排水管つまりを修理することが可能です。真空式パイプクリーナーはあまり耳慣れない道具ですが、ホームセンターなどで簡単に購入することができます。

真空式パイプクリーナーの使い方は、排水トラップを外し排水溝に隙間なくしっかりと当てます。その後、真空式パイプクリーナーを何回か引く作業を行い、水が流れたら修理完了です。真空式パイプクリーナーはラバーカップに比べて、つまりを取る工程で何度か押したり引いたりする作業にあまり力を使わず楽にできるので、女性や高齢者の方でも安心です。ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使用した方法でも排水管つまりが解消しない場合は、別の方法を試すか水道会社に依頼することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *