排水管つまりを予防する方法と起こった時の対処法

家の中で排水管つまりがよく起こる場所は、台所のシンクの部分です。

シンクでは野菜や食器を洗いますが、その時に蛇口から出た水が排水口からなかなか流れていかないことがあります。排水口から水が流れていく速度が遅くなり、シンクに水が溜まるようになってしまうと排水管つまりが発生している可能性が高いです。シンクの水が流れにくくなるトラブルは、排水口に設置されているゴミ受けのカゴ部分に野菜クズなどが溜まって水の通り道を塞いでいるせいという場合もあります。

この場合はゴミ受けカゴに溜まっている物を掃除すればスムーズに水が流れるようになりますが、排水管つまりはゴミ受けカゴよりも奥のパイプのどこかで水の通り道が塞がっている状態を指します。このトラブルは、調理に使った油を排水口から捨てている家庭などで起こりやすいため、もしもそうしているのなら油を流す癖をやめて、油を固めて燃えるゴミとして捨てられるようになる処理剤などを使うべきです。

しかし、天ぷらなどに使った油を適切に処理している家庭でも、排水管つまりは起こることがあります。それは、食器などに残っていた油が洗い物の際に排水管を通っていき、パイプの内側に少しずつこびりつくことで水の通る幅を狭めてしまうことによります。このような原因で排水管をつまらせないようにするには、定期的にパイプクリーナーを使ってパイプの内側についている油汚れなどを落とすと良いでしょう。

台所で油の扱いに気をつけたり、パイプクリーナーで予防をしていても排水管つまりが起こってしまうことは残念ながらあります。その時には油汚れではなく、気が付かない内に排水管に流してしまったスプーンなどがつまっているのかもしれません。そこで、自分ではつまりの解消方法がわからない場合は、水のトラブルを解決できる会社に連絡して対処してもらうことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *