排水管つまりを放置しないほうが良い理由

トイレやキッチン、洗面台にバスルームと毎日水を使う場所は、水が出て当たり前になっていると思いますが、排水管のことを気にしている人は少ないようです。

排水管つまりは、うっかり何かを落して流してしまった時にも生じることがありますが、そのほかにも毎日の汚れが蓄積してつまってしまうことがあるので注意が必要です。キッチンでは石鹸カスや油汚れ、食べ物のカスがまじりあったり、洗面台やバスルームでは、石鹸カスに皮脂、髪の毛がマジあったりすることが多くなっています。どろどろになった汚れが排水管に付着して、次に流れてくる汚れもキャッチしてしまい、水分を含んでいるのでカビやぬめりが発生して頑固な汚れとなっていきます。

排水管つまりを放置していると、ある日突然排水が流れなくなることがあります。流したはずの水があふれてきて、周囲が水浸しになってしまったり、場合によっては逆流してくることもあります。汚水が床にばらまかれてしまうとにおいやシミがついてしまうこともありますし、染み込んでしまい床板や床下の柱などにカビが生えたり、腐食して劣化するということもあるのです。排水管つまりを放置したために、床板をはがして大規模な修繕を行い、床板も交換することになる事例は実際にあります。排水管つまりの前には、変なにおいや音がする、水が流れにくいなどの前兆があるので、前兆を見つけた時には放置せずに早めに専門業者に相談することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *