トイレが水漏れを起こす原因と自分でもできる修理法

トイレで水漏れが起きると、一般的に修理業者を呼ばなくてはいけないと思うことが多いかもしれません。

もちろん業者でなくては直せない破損は多数ありますが、原因によっては自分で修理可能な場合もあります。まず給水管の接合部分から水漏れしている場合は、つなぎ目にある「ナット」がゆるんでいる可能性があります。「レンチ」を使って、軽く締め直してみましょう。

これで水の流れが止まるようなら、ナットのゆるみが原因だったということになります。また接続部分に使用されている、「パッキン」が劣化していることも考えられます。パッキンは消耗品ですので、その場合はホームセンターなどで新しいパッキンを購入して自分で交換することが可能です。トイレタンクの中で、水漏れが起きている可能性もあります。誰も使用していないのに水の流れる音がずっと続いているような場合には、タンクの中にある「ボールタップ」や「浮き球」などが原因かもしれません。

トイレタンクのふたを外して、中を確認してみましょう。タンク内には標準水位を示す印がありますので、実際の水位がその印に対してどの位置にあるかを確かめます。次に、浮き球を手で持ち上げて置き直してみましょう。ボールタップに付いている「水位調節リング」を回すことで、水位を調節していきます。試しに水を流してみて、浮き球がしっかり動くかどうかを確認します。さらに標準水位の位置に水位がくるかどうかまで確認して、修理は完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *